2008年08月27日

二重まぶたにする埋没法(プチ整形)のメリットとデメリット

生まれつき二重の人には関係のない話になりますが、二重になりたいなぁと思っている人はたくさんいるようです。
少し前はアイプチが流行っていました。初心者のひとにおすすめなのが、埋没法です。気軽に簡単にできるので二重にする手術の代表的なものです。簡単にできることからプチ整形とも呼ばれています。
埋没法のやりかたは、まぶたの皮膚のした2箇所ほど医療用の糸でとめて二重をつくる方法です。医療用の糸は髪の毛よりも細いそうです。
メリットは、メスを使わないので15分ほどで終了します。そして通院の必要もありません。ちょっと気に入らない時は元に戻すことができたり、幅を変えたりできます。
デメリットはほとんどないのですが、簡単にできるからなのか、まれに重瞼線が取れてしまうことがあるらしいです。でも個人差があるそうです。
痛みはほとんどなく、切開法に比べると腫れもすくないそうですが、個人差があり一週間ほどで腫れも治まるそうです。
目がぱっちりの二重になりたい人は埋没法(プチ整形)という方法もあります。
posted by ラッキーママ at 19:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
     
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。