2008年06月21日

トイプードルのサマーカットは少し注意が必要かもしれません。

梅雨の真っ最中で蒸し暑いこの時期はトイプードルのカットを思いっきり短く、サマーカットにする飼い主さんが多いようです。うちのトイプードルのラッキーも先月、初めてバリカンで8ミリのカットをしてもらいました。かなり短くなったかなと思ったのですが、8ミリは冬でもみんなそれくらいだったようで、そんなに短いとは言われませんでした。
手入れも楽だし、短く切ってしまおうと思う人が多くて、私もその考えの一人だったのですが、3ミリにしてとお願いしたトイプードルはトリマーさんがちょっと失敗して皮膚を傷つけてしまったようです。
夏の暑い時期に、篤そうだし、お手入れも楽だからとバリカンで短くすると、毛の質が悪くなってしまうと聞きました。また、皮膚が見えるくらいまで短くすると、直射日光が当たった時にもろに皮膚に日光があたってよくないみたいです。犬は暑さに弱いですからね。
また、広場で駆け回ったりするのが大好きなトイプードルは、少し伸びた草むらとかに入ると、ノミやダニが思った以上に草むらには多いので、毛が短すぎると毛につかないで、直接皮膚についたりしてしまうのでサマーカットにして短くなりすぎたなと思ったら通気性のある服を着せてあげるとすこしはノミやダニがつくのを予防できます。
犬のためには、あまり短くしすぎないでこまめにトリミングに行くのが一番いいのかなと思いました。
posted by ラッキーママ at 15:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
     
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。