2008年07月24日

レーシック(近視矯正手術)は近視と乱視の人はいい治療法です。

子供の視力がすごく悪くて、今、メガネをかけていますが、なんとかメガネをかけなくてもいい方法はないかと調べていました。そしたら、以前、テレビで芸能人が極度の近視でレーシックの手術をしたら近視が良くなったというのをやっていたのを思い出しました。
しかし、残念なことに、家の娘は遠視だったので、レーシックは無理みたいなのですが、よく調べてみると、近視や乱視の人は良いかもしれません。
レーシック(近視矯正手術)は角膜を薄く削り、フラップと呼ばれているふたを作ります。その次にフラップをめくり、レーザーをあてて、フラップを元に戻す。それで終了だそうです。近視や乱視の矯正する量によってレーザーをあてるそうです。
だいたい20分くらいで終了し、フラットがきちんとくっつくまで、しばらく安静にしているそうです。
とても早く手術が終わるのですが、やはり、目の手術なので、しっかりと医師のカウンセリングや検査を受けて、信頼できる医師にお願いするのが不安を取り除く方法だと思います。
posted by ラッキーママ at 15:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
     

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。